WEB小説 入間人間のウェブ限定小説が読めます。

PAGE1


 その1

「今年はちょっとだけいい子だったみーくんのために、まーちゃんサンタがきたのです」
「わー」
 ぱちぱち。左手で腿の内側を叩いて拍手の代わりとする。ふふーんとマユが胸を張った。
 昔、まーちゃんサンタにエライ目に遭わされた気もするがまぁきっとあれだね、ねつ造だね。
 なんだか知らんが頭が花瓶でかち割られたように痛いぜ。
 どうでもいいけど、サンタクロースっていい子のところにしか訪問しないのだろうか。あまり優しくないな。世の中、いい子になれない環境にある子供だってきっといるだろうに。
 それも含めて運とか運命と言い切られたら、降参するしかないけど。
 そんなことはさておき、まーちゃんサンタがてこてこやってくる。特になにか持っているわけではない。プレゼント袋もないし、はてさてこのサンタはなにをくれるのだろう。
「今日はまーちゃんをあげます!」
「お、おぅ?」
 いきなり大胆すぎる発言が飛び出して、思わず動揺してしまう。
 若い娘さんがなんてことを。思わずお年寄りみたいにそんな言葉が頭をよぎる。
「はいどーぞ」
 マユが笑顔で腕を広げる。無邪気だ。でも、うぅん。どうすりゃあいいのだろう。
 少し考えて、多分これが正解だろうと思う答えを見つけた。
「い、いやぁ。まーちゃんはいつも僕のものだからさー」
 なははーと頭を掻いて、少し照れながら言ってみる。
「きゃー、みーくん分かってるぅー!」
「なはは、はべ、はぶ、ははは」
 正解した結果、痛い目に遭った。それって正解なのか?
 抱きついてきたマユの額が僕の胸に叩きつけられた。心臓でも止まるかと思うほど遠慮のない一撃で目がぐりんと上から下に泳いだが、なんとか意識を保つ。慣れって便利だ。
 いつもとなんら変わらない気もするが、僕らの場合、『変わらない』ことは尊い。無理に変化を追い続ける必要はないのだ。
 終わりがぐにゃぐにゃ変わったら、僕らはどこで休めばいいのか。
 ということでせっかくクリスマスなのでマユといちゃついてみた。
 床に座り込む尻は冷たいけれど、マユは大体暖かい。

 雛鳥を羽の中に抱くように、膝の上で転がるマユの髪を撫でた。

 その2

「今年もだめだめだったイトコがかわいそーなので、エリオサンタがきてあげたぞー」
「へー」
 布団にくるまったサンタクロースなんてこの家でしか見られないだろう。
 いつも通りのスマキンがすてててと、こたつを回り込んでこっちにやってくる。俺はだめだめだったのか、そーかそーか。多分この間、『エリオさんがかっこいいと思うかね?』といった趣旨の質問に思わないと言ったことが原因だろう。うん、そりゃあだめだなー。
「と、納得すればいいのか」
「イトコよ、寂しい独り言をやめるのだ」
 スマキンが目の前に立つ。冬場にみるとそこまで不自然でもない格好だなぁ、と思う。

「さぁイトコよ、手を出すといー」

「あん?」
「エリオサンタのプレゼントが、あれ、どこどこ」
 布団の中でもぞもぞと手が動いているようだ。その中に入れてあるのか。
 食べ物だったら潰れて悲惨なことになっていそうだな。
「んぬ」