WEB小説 入間人間のウェブ限定小説が読めます。

PAGE1


  ケース1、ある青年の場合

 

「というわけでさぁ、可及的速やかに僕にチョコくれる人を探してほしいのよ」
 事務所のソファにふんぞり返っている男が、なんか頭の緩いことを言い出した。その男の頭にはいつも通り魔女の帽子があり、長いツバに指をかけてくるくると回して遊んでいる。
 時は二月十四日。ばりばり平日で、ぼくには勿論仕事がある。
 自営業(?)の殺し屋ぐらいだ、暇なのは。
「おぅ探偵、頼むぜ探偵」
「分かった分かった、調査に一ヶ月ぐらいかかるから気長に待っていろ」
 適当にあしらって自分の机に戻ろうとする。ぼくには浮気調査という仕事があるのだ。
 バレンタインデーに浮気を調べてくるというのも皮肉というか、面白みがある。
「オイチョットー」
 裏声で引き留めるな、耳にくる。事務所内には同僚のエリオットもいるが、こちらのことはほとんど無視していた。あいつの場合は相手なんか探さなくても、道を歩いていれば募金感覚でチョコレートが集うだろう。もっとも世に氾濫するババ……熟年の情愛など、ぼくにとってはなんの価値もないので羨ましさなど微塵もない。そんなものを探せと言い出す目の前の男、木曽川の考えがまるで理解できなかった。
「一ヶ月後じゃあホワイトデーじゃないか。出してもいないやつにお返しするとねぇ、白い目で見られちゃうからねー」
「やったことあるのかよ。当日に調査して結果出せとか、無茶をおっしゃる」
肩をすくめる。ソファの背もたれに乗りかかるような姿勢のまま、木曽川が頭を左右に振る。
「ここは美人秘書とかいねーの?」
「零細事務所にそんなものを期待するな。それに美女なんか雇ったら違法だよ」
 まことに口惜しいが。
「そりゃあ太郎君の基準で美女を雇うなら違反しちゃうよなぁ。ちぇーっ」
 つまらんとばかりに腕を伸ばして、投げ出した姿勢を取る。道路で潰れるカエルに似ていた。
「太郎君はアテあんの?」
 学生のノリを引きずるようにそんなことを尋ねてくる。「あるに決まっている」と答えた。
「帰ったらもらえるから。……多分恐らく、いやきっと」
「じゃあそれをくれ」

「コンクリートの破片でも食ってろ」
 荷物を纏めて席を立つ。事務所を出ようとすると、なぜか木曽川もついてくる。
「お、早速調査か。アズスーンアズポッシブル太郎だな」
「異世界に飛ばされそうな名前にするな。別件の浮気調査だよ。それとなぜついてくる」
「そりゃあ、僕は事務所の所員じゃねーし。いつまでもいたら困るだろ」
 一見正論だが、ついてくる理由を説明できていない。鞄を振ってあっち行けとやってみたが離れる気配がないのでもう放っておくことにした。そんなことより、寒かった。  昼過ぎで日差しは高いのに、吐息が白い。暖かくしていた事務所との温度差に軽く震えながら、雑居ビルを出て外を歩く。隣を歩く魔女帽子の男が、すっげー邪魔だった。

「同業者に声かけてもらってこいよ」
「男女比の偏った職業でねぇ。いてもまともなのに出会ったためしがない」
「そりゃあ、そうだろうな」
 殺し屋なんだから。普通のはずがない。木曽川との付き合いも考えた方がいいのかも。
 そのまま歩き続けて繁華街の洋菓子屋の前を通りかかると、木曽川がおどけて騒ぎ出す。
「チョコ買ってー、買って買ってー」
 服の袖を引っ張るな。 「自分で買え」

「うわぁつまんねぇ」  そう言いながら本当に店に入っていった。そして女共を押しのけて買ってきた。包装されていないチョコレートケーキを手づかみしたまま出てきて、歩きながら食べ始める。
 囓りながら二歩目のところで、木曽川が立ち止まる。洋菓子屋に振り向いた。