WEB小説 入間人間のウェブ限定小説が読めます。

PAGE1

『episode1 彼を継ぐ者』

 

 秋の光が少し肌寒い。夏の季節と大して変わらないように見える日差しも確実に熱が弱まり、季節が移り変わろうとしていた。最初はまだ暑くて汗ばむときもあった冬服が、今では丁度良くなっている。生温かった光も軽いものとなり、押しつけるのではなく、淡く降り注ぐように髪を包んでいた。
 学校からの帰り道、スーパーの駐車場で自販機のお茶を飲みながら待ち人が出てくるのを待っている。これで二本目だ。この地域は水が綺麗で問題なく飲めるので、お茶を買ってまで飲むという感覚がいまいち根付いていない。自分でお茶を煎れた方がずっとおいしい。
 そんなことをぼんやり考えながら駐車場の隅で入り口を観察していると、待っていた相手がようやく買い物を終えて出てきた。袋三つ分の食料を手にぶら下げた、まぁ女性としておくか。
 子供扱いされるのが嫌な性格のようだし。その女性がふらふらと、徒歩で帰路に就く。左右に足取りが安定していないため、本人は道路の端を歩いているつもりでも危なっかしい。
 お茶の缶を専用のゴミ箱に捨ててから、ゆっくりと追いかけても見失うことはない。しかし途中で気づいたのだけど、わざわざつけ回す理由はないのだった。別に途中でも声をかけてしまえばいいのだ。そこに気づくのに、六年ぐらいの時間を費やした気もした。
 はっはっは、案外気が短いのかなぁ。いやむしろ、悠長すぎるのかもしれない。どっちだろうと悩みながら道路を渡り、その女性の隣に並ぶ。当たり前のように隣へ立った人間へ向けるその目は固く、冷たい。石の目のようだった。まったくもって歓迎されている様子はない。
 どうやら、すっかりと忘れてしまっているらしい。酷いなぁ、と思った。
 嘘だけど。
「はーいまーちゃん」
 軽い調子で挨拶する。その途端、石の目玉は魔法が解けたように本来の姿を現した。凝り固まった飴玉よりも早く溶けて潤いを取り戻した瞳が、『ぼく』を捉える。指からずり落ちそうになった買い物袋を代わりに掴むと、まーちゃん、マユがにぃっと、無垢な笑みを浮かべる。
「みーくん?」
「そうよ」
 涼しい顔で応えると、マユが荷物を放り捨てて抱きついてきた。抱きつかれて、身長差はあまりないけれどマユが見えなくなる。見えなくなった先では黄金の穂波が揺れていた。
 それはいいとして、痛い。ラブが痛い。遠慮なく抱きつくために背中と腰と胸が軋んでいる。気を抜くと押されて後退して道路に出てしまいそうなところもポイント高い。なんのだよ。
 そうやって人目、といっても下校中の小学生ぐらいだけど憚らずハグを堪能した後、胸から顔を離したマユの表情と目は再び、無機物のようになっていた。外にいるときはいつもこうだ。
 狂い咲きの桜のように満開だった感情の花束を、その鉱物のごとき態度ですり潰す。
 どちらが現状の彼女の本質かは、恐らく本人にも理解できていない。
 マユは無表情のままだけど、ぼくの手を握ってくる。傍から見れば少しおかしな絵だろう。しかしマユはそれをいとわない。ぼくもまた大して気に留めず、この『再会』を受け入れる。
 握られた手が軋むように痛い。加減なく握り潰されて、骨が擦れあっている。
 喜びと、無関心。そのどちらに傾倒するときも加減が効かないのと、同様に。
 この極端さがなんとも『まーちゃん』だった。

 

 マユの暮らすマンションのロビーは、視覚を埋め尽くす白色の壁や床のせいか肌寒い、という印象を先行させる。夏も光を反射して、これがまた落ち着かない。ぼくは育ちのせいか、明るすぎるところが苦手だった。真っ暗闇がいいのかと聞かれれば、遠慮してしまうけど。
 買い物袋の中にあったリンゴをかじりながらエレベーターに一緒に乗って、四階に向かう。手はずっと握っている。指の関節の骨が途中から痛まなくなったのは、擦れ合って少し削れてしまったからだろうか。ぼくの手はマユに握られるために適応したのだ。そう解釈すればどこか誇らしくもあるように聞こえる。
 すぐに四階に到着した。マンションの外側を回るように作られた通路を歩いて、借りている部屋の前に着く。マユが鞄に入れてある鍵で扉を開けて、ぼくを先に部屋へ上がらせた。
 なんだろうと思って、進んでみると。
「みーぃくーん」
 玄関に入って扉を閉めた途端、マユが背中に抱きついてきた。荷物は床に放り捨ててしまい、中の玉子の具合が心配だ。割れた玉子から謎の生き物が生まれたらどうしよう。恥じらいなく抱きつかれることに照れて、その羞恥から逃れるように益体もないところに注目しているフリをする。だれかに言い訳でもするようだった。一方のマユは頬を背中に擦りつけてご満悦だ。
「今までどこ行ってたのー?」
「ぼくにも事情があるんだぜー」
 はぐらかすと、「悪い子」と背中を引っ掻かれた。悪い子の背中はきっとミミズ腫れだな。
 そのままマユと一緒に廊下へ上がる。が、そこでマユがまだ靴を脱いでいないことに気づく。立ち止まって、靴を脱がせようと回る。マユも回る。回る。マユも回る。キリがない。しかし腰にぎゅーっとしがみついているので、剥がせそうにない。
 どうしたものか。ジレンマである。
「きゅー」
 素敵な鳴き声なんかあげちゃっているし。……うーん、ま、いいか。後で掃除しよう。
 そのままスーパーの買い物袋を引きずって、まずは台所に向かった。そこでようやくマユをぼくから引っ剥がして、買ってきた食材を分担して片づける。玉子は案の定割れて、パックの中が液まみれだ。でもマユが食パンを棚に置きながらご機嫌でいるのを眺めていると、まぁいいかと流せてしまう。割れた玉子の中身に指を浸して舐め取ると、わずかに生臭く感じられた。
「みーくんの好きなー、こーひーあめー」