WEB小説 入間人間のウェブ限定小説が読めます。

PAGE1

 家の扉を開けて挨拶すると、いつものすてててという足音が奥から聞こえてくる。ついでに見た目も、布団を巻いているところもまったく変わっていない。春になって暖かくなってきたというのによくも飽きないものだ。夏でもこのままだろう。いいのかそれで。
「イトコ、おかえりー」
「おぅただいま……あれ?」
 出てきたのはエリオだけだった。
 もう一人はどこだ、と廊下の奥を覗いてみる。いないな、と首を傾げていると。
「ここにいるぞ!」
 布団の中から勇ましく名乗りを上げて、ずぼっと飛び出してきた。小さく可愛らしい我が娘が布団の上側からよじよじ這い出てくる。カンガルーの親子みたいだな。エリオの顎を蹴るようにして、「ばよえーん!」こっちに跳んできた。なんて無鉄砲なやつ。なんとか抱き留める。
 その衝撃で揺れ動いた髪から、水色の粒子が寝起きのようにぼんやりと舞い上がる。
 そうなのである。例に漏れずとばかりに、娘の髪も水色だった。容姿もエリオをそのまま小さくしたかのように瓜二つで、お父さんから継いだものがまったく見つからない。
 まぁ女の子なので、見た目についてはこれでいいかな。超かわいいし。
「帰ったぞー」
「まこくんよー」
「……うぅむ」
 悪い友達(50)の影響を大きく受けていて、お父さんは心配だ。ちょっと前まではお父さんと呼んでくれていたのに。抱きついていた娘が俺の腕を足場にして、器用に頭を上ってくる。肩車する形になって、娘がご満悦になる。娘はこうして俺の頭にしがみつくのがお気に入りらしい。これが年々重くなって、肩が凝り、成長を感じる。
「おみやげはー?」
「おー、あるぞ。後であげよう」
 娘がきゃっきゃと暴れて足を揺らす。その影響で俺の頭も左右にがくんがくんと揺れた。
 なんというかわいらしさ。その無邪気さ、もう尊敬に値する。
 こうした無垢な魂を、みんな最初は持っているんだなぁ。
 しかしあと十年もすれば反抗期まっただ中へ突入して、お父さんの洗濯物から逃げ出すようになるのか。泣きそう。うちの子に限ってそれはない、と思いたいけどそうもいかないよな。
 などと世の無常を憂いながら、表のポストに入っていた郵便物をエリオに渡す。渡すというか、布団と身体の間に突っ込む。郵便物は布団の中に吸い込まれていった。
「エリオさんかっこいいーっておたよりは?」
「ないよそんなもん」
 毎回聞いてくるが、いったいなにを期待しているんだこいつは。
 知り合ってから既に十年ほど経つが、成長がほとんどない。顔は少し大人びて、女々たん(50)に雰囲気が似てきたが言動の幼い部分はそのままだ。あと未だに少々人見知りだ。娘は親が心配になるほど無警戒で人懐っこいのに。でもそれが子供と大人の差かもしれない。
 娘を背負ったままなので少し苦労しながら靴を脱いで、廊下にあがる。
「今日はなにしてた?」
「やちーとあそんでた」
「また来てるのか」
 悪い友達(宇宙人)の方が。というかまだいるんだろうなぁと思って居間に行くと案の定、寝転がっていた。どうも寝ているようで、床に大の字になっている。最近は宇宙服を着ることも少なくなって、なんというか、地球に慣れた感がある。食っちゃ寝しているところ以外、まったく見ていない。普通の格好でもヘルメットだけは欠かさずかぶっているけど。
 働き出してから、こいつの生き方が無性に羨ましくなった。
 それと同時に、どうやって生きているんだろうと不思議にもなる。
 こいつは十年経ってもなにひとつ変わっていない。女々たん(50)とはまたベクトルを異にする変化のなさだ。髪の長さも、形も背丈もまったく変化がない。実はぬいぐるみを着込んでいて、中身は異形の生命体じゃないのかと疑いたくなるが、他人様の家のせんべいを勝手にかじっているあたりでそれはないと悟った。つまり表も中身も全部おかしいということだ。
「あそんであげたらつかれてねちゃった。くくくー、やちーはおこさまだな」
 娘が大人ぶる。のはいいけど、その笑い方はどうにかならないのか。
「くくくー」
 ヤシロの笑い方を真似て、変な笑い声をあげるようになってしまった。クックックを急いで読み上げている感じだ。女々たん(50)とやちー(宇宙人)とスマキン(エリオ)が身近にいてその影響を受けた娘は、一体どんな子に育つのだろう。……まぁ、元気いっぱいは確かだろうから、そんなに心配しなくていいか。
「着替えるから、お母さんの方に行っといで」
 コアラのように頭にしがみついている娘を床に下ろす。娘は諸手をあげて駆け出して、エリオの巻いている布団に飛びつく。下から飛び込んで、器用に這い上がって布団の前から顔を出した。そのままぐるりとエリオの背中側に回り込んで、背負われる? 形になる。
 後ろを向くように首を捻ったエリオが、朗らかな笑顔を浮かべた。
「娘よー」 「えりちゃんよー」

エリオがぴたっと止まる。娘が超かわいく小首を傾げる。うーん、なにしても絵になるなぁ。
「おかーさんと呼びなさい」
「なんでー?」
「さんがついてるから。あとイトコよりかっこいいし」
 理由になってないぞ。娘がじーっと、母親を見つめる。丸い瞳がくるくると動いてから。