WEB小説 入間人間のウェブ限定小説が読めます。

PAGE1

「実は殺し屋につきまとわれちゃってさ、マジ参るよねー」
「奇遇だな、ぼくもそうなんだ」
 そういうわけで扉を閉じて、鍵をかけて、寝るには中途半端な時間だなと頭をかく。
「あ、つれないな。つれないやつだな。いいのか、こっちもつれないことするぞ」
「どうぞどうぞ」
 木曽川の声は甲高いので、寝ぼけた頭に響くと気疲れする。忘れがちだがこいつは殺し屋だからな、なんで仲良くしないといけないんだ。少し早いけど筋トレして、終わったら朝食の準備でもするかなぁと部屋に戻る。欠伸をかみ殺しつつ、布団を畳もうと側に屈む。
 隣ではまだトウキが布団にくるまって眠っていた。かけ布団を内側に巻き込むようにして、隙間を減らして寝るのが彼女の癖だ。冬場は暖かいかもしれないけど、春先は暑いのか途中で蹴飛ばしていることも多い。今日はまだしっかりと布団の中にいた。
 自分の敷き布団をめくりかけたところでなにか視界の外で動いたような気がして顔を上げると、思わず「うわっ」と目を見張る。
 二階の窓に手が生えた。それからとんがり帽子の先端もひょこひょこと左右に動く。その時点で手の正体を理解する。僕の知り合いにそんな帽子をかぶるやつは一人しかいない。
 足を何度か外しそうになりながらも手すりに引っかけて、窓の外の小さな物干し台に乗り上げてくる。そして「開けてくれー」と窓に張りついてきたので、やむなく鍵を開けてやる。こんなやつが蝉みたいに張りついているのをご近所さんに目撃されたら、どんな噂が立つか分からない。靴を脱いで脇に抱えながら入ってきた木曽川が、「はっはっは」と口だけ笑う。
「どうだ、つれなくしてみたぞ」
「意味が分からん」
 あー疲れたと肩を回しながら、木曽川が人の布団の上に座り込む。畳もうとしたのに。足まで伸ばして退く気配がまったくない。今日の帽子はとんがった部分に赤い紐を巻いて、全体は深い紫色で殊の外、魔女の帽子だった。着ているスーツもそれに合わせてか落ち着いている。
 その木曽川の目がトウキの寝顔に向いた。
「お、かわいい子が寝てんじゃん」
「出て行けロリコン」
「おめーに言われたかねえよ。……んー」
 木曽川が前屈みになって、トウキをじろじろと不躾に眺める。
 首根っこでも掴んで追い出してやろうかと思ったが、その前に木曽川が顔を上げてぼくを見る。
「女の子はやっぱりおっぱい大きい方がいいな!」
満 面の笑顔でうちのお姫様を否定してきた。ぼくにとってはどうでもいい話だが、本人が聞いたら腕に噛みつくぐらいはやってのけただろう。幸い、寝返りを打つだけだった。
「ほっほっほ、若い者は寝顔が無邪気じゃのう」
「お前なにしに来たの?」
 老人ごっこしている魔女もどきに用件を尋ねる。本当は聞きたくないが。
「言ったじゃないか。殺し屋に追われて逃げてきた。朝の四時から活動を開始するとか、そういう常識ないことはやめてほしいよな」
 殺し屋という存在自体が非常識であることを踏まえて、白々しくそんなことを言ってくる。
「ま、朝飯食べたら帰るから」
「食っていく気かよ。なんで僕がお前の飯なんか作ってやらないといかんのだ」
 帽子を取った木曽川が、年齢不相応な幼い笑みを浮かべる。
「そういう星の巡りなんだよ。ぼかぁ実家ではお坊ちゃんだからね」
「あん?」
「今帰ったら若とか呼ばれて……いや、今でも坊ちゃんだろうなぁ。印象ってそんなもんだ」
帽子を回しながら、木曽川が遠くを見るような目つきで言う。なんだ、案外いいとこの子供だったのか? 若なんて呼ばれると料亭の跡取りかなにかを想像してしまう。
「美容室のおにいさんにも、未だにきそ君って呼ばれちゃうからな」
「いやどうでもいいけど」

 本当に食べないと帰らないようなので、やむなく朝食の準備に取りかかることにした。まだ普段より一時間は早いが、まぁいいか。さっさと食べてお帰り願おう。
 冷蔵庫を覗いて、キャベツと鶏肉の味噌汁を作ることに決める。昨日は味噌炒めで、今日は味噌汁。味噌って便利。あとはサトウのごはんを温めておにぎりを作ればいいだろう。
 鶏肉をぶつ切りにしていると、布団の捲れる音がした。それから、女の子の少し寝ぼけた声。
「あら?」
「おはようお姫様」
 騒いでいたこともあってトウキが自分から目覚めたらしい。いつもはぼくが起こすのだが。
「朝早くから珍しい人がいるじゃない。ルイージは……あ、流し場だ。やっほー」
 トウキが寝転んだまま転がって、流し場に顔を覗かせる。挨拶すると、すぐに首が引っ込んだ。その様子を眺めていて、胸がない方がああやって転がりやすくていいじゃないかと思う。
「よくルイージが入れてくれたわね」
「窓から入ってきちゃった☆」

「あれ、あなた殺し屋さんじゃなかった? いつ泥棒になったの」

「やだなぁ。僕は人の命は盗むけど物は盗まないよ」
 嘘つけ。リラ○クマを誘拐していったことがあるだろ。
 流し場からは部屋の様子が見られないので音でしか伝わってこないが、なんだかんだと話が弾んでいるようなので放っておくことにした。ご飯が出来るまでの間、トウキの話し相手になってもらおう。ただ飯を食べようというのだから本当はゴミ出しと掃除もしてほしいぐらいだ。

 キャベツをざくざく切りながら、木曽川について考える。