WEB小説 入間人間のウェブ限定小説が読めます。

PAGE1

『その1』

 

 廊下に出てきたところで、布団からひょこっと頭が飛び出してきた。きょろきょろと目だけが左右に動き、周囲の状況を確認している。それから頭を引っ込めて、てててーと前に走る。
途中まで移動すると、またひょっこり頭が出てくる。そしてきょろきょろしたところで、二階から下りてきた俺と目があった。見た目はアレだけど小さいので、中身は娘のようだった。
「あ、まこくんだー」
 娘が走り寄ってくる。布団を巻いたままてってこと走る姿は小さいエリオそのものだった。せがんできたので担ぐような形で持ち上げる。さすがにこの状態で肩車することはできない。この抱き上げづらい格好、なんというか非常に既視感がある。お姫様抱っこの形を取ってから、娘に聞いてみる。
「なにしてんの?」
「えりちゃんごっこ」
 そのままだった。
「楽しいかい?」
「ぬくぬくだぞー」
 えっへんと、娘が得意げな顔になる。
 廊下も冷え込みが厳しくなり、気持ちは分かるけど。いいのかそれで。
「えりちゃんごっこかぁ……んー……んーむ……まーよし」
 これが女々たんごっこだったら大問題だけど、できるならやってみろ人類という感じだけど、これぐらいならいいだろう。娘(あったかい)を抱っこしたまま居間に入ると、大きい方も布団を巻いて転がっていた。こっちは足まで布団の中に引っ込めて、筒みたいである。時折、左右に微弱に転がりかけて、しかしその場に留まる。
「えりちゃんのほうがじょーきゅーしゃか?」
「そういうのないから、目指さなくていいからねー」
 娘を説得していると、「むむ」とエリオの頭が出てきた。亀みたいだ。
 それを見てか、するりと布団から抜け出した娘が床に着地して、エリオの布団に飛び込んでいく。もごもごと背中側で動いて、やがて頭が飛び出してきた。同じ色の髪が混ざり合う。
「こっちもぬくぬくー」
「ふふふ、そーだろそーだろー」
 布団を巻いたエリオ、の間に入り込んだ娘が暖を取り、ほんわかしている。微笑ま? しい?というか余所の家庭では絶対に見ることの叶わない、親子での絵面といえる。鏡餅のように重なっている親子はいいのだがその下の段、エリオが俺に向けてにやーっとした顔となっている。
 『娘のハートはわたしががっちり掴んでいるみたいだな、イトコー』とか思ってこちらに勝ち誇っているんだろうなーと考えると、ちょっと悪戯したくなる。
 ぴろっと、既に暖まっているこたつ布団を持ち上げて誘ってみた。
「こたつの方がぬくいぞー」
「わーい」
 娘があっさりと布団から抜けて、てってこと走ってこたつに飛び込んできた。
「ぬぉおおおお」
 一人残ったエリオがじたばたと暴れている。そして娘を奪われたことへの怒りに燃えるスマキンが転がってきて、こたつに体当たりする。そして丁度、こたつの脚が脇腹に激突したらしく「のももももも」と足をばたつかせて悶えている。
「……そりゃ、尊敬されんわけだな」
 娘の通っている先で自己紹介文? プロフィール? みたいなものを作ってきたのだが、その項目の一つにそんけいするひとというのが混じっていた。そんけいという言葉は子供にちょっと難しかったのだろう。子供たちにどういう意味だと聞かれた先生が『すげー! って思う人』みたいな砕いた教え方をしたようで、いやまぁ合っているのだけど、そう聞いた娘が書いた名前は『めめたん』だった。凄いのは確かだけどな、神経の図太さとか。五十歳で女々たんを自称はなかなかできませんよ。その五十歳は外出中なので、静かでよろしい。
 しかし、そんけいするひとにまこくんがいないのはどうなんだろう。いやそんけいよりはだいすきーとか言われる方が嬉しいので、まったく満足しているのだけど。なんとなく、えりちゃんのとばっちりを受けているような気がするのは、俺だけだろうか。
 ちなみにまこくんやえりちゃんはお友達の欄に混じっていました。
 うちの娘の中ではみんなお友達らしい。いいのかなぁ、まぁいいか。
「えりちゃんもいっしょにはいろーよー」
「むぅ」
 娘に誘われてこたつへの敵愾心が緩んだらしい。すすす、とエリオがこたつに歩み寄ってくる。娘が一旦こたつから出た場所にエリオが座る。それから娘がエリオの足の上に収まる。エリオはその娘を見下ろし、ずぼっと布団から手を出して窮屈な姿勢で頭を撫でる。
「まーよし」
 大体よくなったようだ。こたつくんとスマキンの和解が成立したのでそれはいいとして。
 こたつの窓側の方向から刺さっている宇宙服はぬいぐるみのように身動きしない。なんでこいつはいつも、当たり前のようにこの家のどこかにいるのだろう。そいつが唐突に、ぴこーん、ぴこーんとヘルメットのバイザーが音つきで赤く点滅し始めた。
 二日ぐらい姿を見せなくなったと思ったら、変なものを身につけて帰ってきたな。

 山に籠もって修行でもしていたのだろうか。

「む、エネルギー切れの警告だ」
 がばっとヤシロが起き上がる。そしてヘルメットを「あちぃ」と脱ぎ捨ててから、「燃料補給に移らねば」とこたつから抜け出す。両手を前に出す独特の走り方で、どこへ行こうとしているのかすぐに見当がついた。