WEB小説 入間人間のウェブ限定小説が読めます。

PAGE1

 その1

 共通の趣味なんてものがあれば、もう少し気軽にメールできるのに。
 延々と頭を悩ませても、まるっきり、思いつかない。
 しまむらにメールしてみようと決めて早二日。送って不自然にならず、かつそこそこ有意義で面白い内容を考えている間にそれだけの時間が経ってしまった。冬休みが続いてしまむらとまったく会っていないのに、話したいことがまるで出てこない。
 しまむらが面白がること、興味あること……とベッドにもぐって考え続けているけれど、それが分かれば普段も苦労しない。お正月が過ぎたので季節柄な話題もどうかと色々考えたけど、お年玉の額を聞いてから話を広げられる自信がなかった。でもそうやっていつまでも尻込みしながら悩んでいると、普段は干渉してこない両親に風邪かと誤解されるほどベッドから出られなくなってしまったので、これはいけないと自身を急かして送ったのがこんなメールだ。
『なにかおもしろいことあった?』
 我ながらなんて、面白みというものから遠い内容なんだろう。しまむらに丸投げして、でも他になにも思いつかない。送信してから携帯電話を静かに枕の上に置いて、布団の中に頭までもぐる。電話をジッと見つめているといつまでも鳴らない気がして、あえて目を背けた。
 気にしないふりをしていれば、それに騙されて電話が鳴ってくれる。気がする。
 その根拠のないおまじないみたいなものが効果あったのか分からないけど、電話がすぐに鳴る。掛け布団をはね除けるように飛び出て、電話を取る。返ってきたそのメールを慌てながら確かめる。
『ないねー顔文字』
 しまむらからの返信はこれだけだった。なんだこれ。顔文字?
 これはひょっとして、顔文字と打って変換するのに失敗して、『まいっか』とそのまま送信したのだろうか。しまむらの性格も考えると、多分そうだろうと思う。私から見るしまむらはそういうイメージだなぁ、と人柄を感じていて、ふと思った。
「……イメージ、かぁ」
 私の中でのしまむらイメージはこのメールそのものなんだけど。しまむらは、どうなんだろう。しまむらは私のことをどう見ているんだろう。変な意味じゃなくて、どう、っていう。
 言い訳めいたものをどうしてか重ねながら、気になったことを唐突に聞いてみる。
『しまむら的に、私ってどんなイメージ?』
 送信しました、が出るのが少し遅くてやきもきしてしまう。
 そしてしまむらのことだから悩んで遅くなるかなぁと思っていたら案外、すぐに返信が届いた。伸ばした肘を折り畳み、置こうとしていた携帯電話を引き戻す。
 変なこと書かれていないかな、と不安混じりに見てみると。
『ぴえーん』
「え、え……なにこれ」
 ぴえーんってなに。疑問をそのままメールしてしまう。ぴえーんってなにと。
 またすぐに返信が来た。
『ぴえーんって泣いて走ってくる』
「……えぇ? いや、そんなこと……ない、と思うよ」
 メールの画面に、ない、ないと手を振って否定する。しかし相手はメールなので当然、届くはずもなく。更にしまむらからメールが送られてくる。『絵にするとこんなかんじ』というタイトルに送付されたイラストの中では、デフォルメされた二頭身ぐらいの私が泣きながら両手をあげて走っている。勿論、泣き声はぴえーんだ。ぴえーん、しまむらーとか言っている。
 背景はなぜか草原で、ぐるぐる渦巻きの太陽の側をチョウチョが飛んでいた。真ん中のぴえぴえしている私……私? と明らかにタッチが違う。ひょっとして妹さんとの合作?
 ジーッと、私……えぇと、しまむらから見た私、を見つめる。これはなんというか。
「……のび太くん?」
 ドラえもんに泣きつくのび太くんみたいなイメージなのか、私は。いやそれよりも、私はしまむらの中でも、しまむらーとか走り寄ってくる印象をもたれているみたいだ。そんなことない、ないよ、ないはず……と布団を巻き込んでくるくる転がり、ないないと否定し続ける。
 その葛藤めいたものと戦い終えて、肌が布団で擦れて少し熱くざらつき。