WEB小説 入間人間のウェブ限定小説が読めます。

PAGE1


『女々リオン(タイトルは現実のもの、ひいては作品内容に一切関係ありません)』

「いいかイトコー、おやつは一個までにするよーに」
「そうですねきをつけます」
「でもエリオさんは大人だからおやつ二個までオーケー」
 えへん、とエリオが腰に手を当てて胸を張る。……大人でも二個なのか。
 案外自由がないねー、と適当な感想で流して自転車を走らせた。
 ある休日、ぼーっと過ごしていたら昼過ぎに女々さんから電話がかかってきた。
『女々たんねー、今日はちぉっとだけいちょがちいの』
『そうなんですか』
 喋り方にはもう言及しない。
『だから代わりにお買い物行ってきてーぶるばちゃぶるじゅるぶるる』
 後半の頭おかしい部分はさておき、暇だったのもあって前半は受けた。お買い物メモも手に入れて(なぜか最初から用意してあった)、来た当初に貰った学校への地図を考えると不安だったけれどさすがに今回は暗号、記号を駆使していない普通のものだった。まぁたまねぎ買ってきてを暗号にされても困る、買い物が終わらない。そして気づいたけど、真面目に書くと字が綺麗だ。普段はいい歳して丸文字でお花畑を周囲に描くのに。
細かいところを見ていけば、多才なのは間違いない。天井に張りつくとかベッドとマットレスの間からにょろにょろ出てくるとか、才能と思っていいのか怪しいものも多数あるが。
 などとまぁなんやかんやあって道中は偉そうにしていたのに、いざスーパーに入るとエリオは俺の背中にひっついて隠れるようにしている。すっかり忘れていたけどこいつは以前、町で色々と問題を起こして悪い意味で有名人だった。そのために周りの視線が気にかかるのだろう。
 こっちはそんな初期設定、既に忘れつつあったよ。
 むしろ最初からエリオってこういうやつだったんじゃないかなーとか思ってしまうぐらいだ。
「じゃがいも、人参、パン、それから逆玉手箱……ねぇよそんなもん」
 女々たんが使ったら妖怪に戻りそう。まぁ現在進行形で妖怪だけど。
「イトコ、機敏に動くのだー」
 シャツの背中を掴んで引っ張り、俺をコントロールしようとしてくる。……まるで子供と買い物に来ているみたいだ。俺は子供の頃、こんな風だっただろうか。……もっと大人しかった記憶があるな。
 エリオに引っ張られてシャツやら背中やらを伸ばしながら野菜売り場で目当ての品を手に取る。夕飯の特売は4時になってかららしく、今はまだ混み合っていない。客の姿がまばらだな、とすれ違う人に目をやりながらじゃがいもを手に取ると、そのすれ違った人が後ろ歩きで引き返して、正面に回り込んできた。いきなりだったので、少しびくりと肩が跳ねる。
 そして俺をじぃっと、上目遣いで覗き込んでくる。
 誰だろう、女々さんの知り合いか? 少なくとも俺の知らない大人だった。
 困惑していると、女性が俺の名前を呼んだ。
「あなた、ひょっとしてにわ君?」
「え? あ……」
 その呼び方と発音がそっくりだったので、あの同級生を連想してしまう。
 相手もこちらの反応から正解と判断したらしく、微笑んで自己紹介してくる。
「流子ちゃんの母です」
「これは、どうも」
 やっぱりそうだった。意外なところ……でもないな。
 何気に初めて登場……の意味も分からんな。とにかく、初対面だ。
 多分、女々たん(40)と似た年齢なん……だろう。肌に皺が見え隠れしているので、そう、なんだろう。普段接する40歳があんまりにアレなので感覚が麻痺しているが、普通の母親とはこういうものだ。リュウシさん母は顔が少しふっくらして、年上にこんなこというのもあれだけどかわいらしい部分がある。目も丸く、くりっとしていて。女々たんほど自然や科学に反抗していないけど、年相応の愛嬌を感じる。茶色い髪はしっかりとした直毛で、リュウシさんも本来はこれぐらいなのかなぁと想像する。