WEB小説 入間人間のウェブ限定小説が読めます。

PAGE1



 こっそり覗く桜さんの横顔は、みんなが言うように氷で築き上げられたようだった。
 興味という熱のない瞳は、目の前の景色を映すばかりの鏡のようだった。
 中学三年、春。進級してクラスが替わって自己主張を控えていたら、いつの間にか図書委員に割り当てられていた。正確には文化委員とか、そういう言い方だったけど内容が図書室の当番なのだから図書委員でいいかなと思う。そして早速、一回目の当番を命じられた。
 カウンターには私と、そして桜さんが座っている。
 正直、緊張していた。
 桜さんとは一年生の時も同じクラスだったけど、話したことがない。でもどういう人かは遠くから見ていても分かっていた。愛想の欠片もなくて、冷淡で、口数が少なくて。
 そして、その横顔は透き通るように綺麗だ。
 だから、氷の彫像とでも評されるのだと思う。今、私もそれを実感してしまった。
 とはいえいつまでも、その横顔に見惚れるように眺めているわけにもいかない。
 深呼吸の後、意を決する。
「あのぅ……」
 小声で控えめに呼びかける。輪郭を失うように判然としなかった桜さんの瞳が固まる。
「……なに?」
 少し遅れて、桜さんがこちらに向く。興味の一片も抱いていない、つるつるとした瞳が間近で私を見つめた。本当に、周りのことなんてどうでもよさそうな雰囲気だ。当番に参加してくれたことが凄く貴重に感じる。そして、果たして二回目は出てきてくれるのだろうか。
 今日みたいに昼休みならともかく、放課後には絶対出てきてくれない予感があった。
「いや仕事、当番……カード」
 さっきから目の前に、本を借りようと女子が立っているのに。
 いつまで経っても動こうとしないのでやむなく、声をかけて気づかせるしかなかった。
「あ、そう」
 桜さんがようやく動く。前を向いていたはずなのに、まったく目に入っていなかったみたいだ。桜さんが特に慌てることなく、貸し出しカードの処理を始める。待たされている女子はなにか言いたげな顔つきで腰に手を当てているけど、桜さんがまったく意に介していないためか、どう出ればいいのかと手をこまねいているようだった。そうこうするうちに桜さんの作業が終わって貸し出しの準備が整う。待たされていた女子生徒は不承不承、カードに名前と日付を記入する。その前屈みとなった頭を見つめる桜さんが、ぼそぼそと口を動かす。
「……待たせてごめん」
 最初、女子生徒も自分が言われたと分かっていないみたいだった。桜さんが目を逸らした後、ようやく女子生徒が顔を上げて反応する。女子生徒は「あ、うん」と曖昧に頷くしかなかった。
 隣で聞く私もまた、大した言葉は出てこない。謝れるんだ、と驚いてしまった。もっと傍若無人な性格を想像していたので、その素直さに面食らってしまう。
 でも桜さんは仕事に対する反省は特にないようで、またぼぅっとしている。
 私もまたその横顔をひっそり見つめるのだった。
 桜さんは教室でも似たような姿勢だった。誰かと話すこともなく、連れ合うこともなく一人で動く。孤立ではなく、孤高であり続けるようだった。その証拠に、桜さんは常に独りでありながら他の人に嫌がらせを受ける様子もない。手を出したら、冷徹に反撃してくる。そんなイメージが強いからかもしれない。だからかみんな、意図して桜さんを避けていた。
 私もこれまではその仲間だった。けれど、間近で見る桜さんに、自然、目を引かれる。
『近づきがたいもの』をこんな近くで眺められる機会はそうそうない。
 そう、見るだけでいいのだ。
 桜さんは人目を惹く。男子にも人気がある。けれど誰も触れようとはしない。
 氷は冷たく、鋭く、そして脆いものだから。