WEB小説 入間人間のウェブ限定小説が読めます。

PAGE1

 その1

 ぺちぺちぺちぺちぺちぺちぺち。
「うぉー、まこくんかっけー!」
 ぺちぺちぺちぺちぺちぺちぺち!
「ははは、いやーそんなことも、あるかなっ」
 他ならともかく娘に褒められては素直に受け取るしかなかった。大いに調子づく。
 ぺちぺちぺちぺちぺちぺちぺち。
 俺が本当にテレビ番組に出演したのを受けて、娘が目を輝かせている。
 教育番組の一コーナー特集で、宇宙のことについて少々の解説をするだけの内容だった。
一回きりで短く、正直緊張して上手く話せていたとも思えないのだがとにかく、テレビに映ったということが娘の中で「すげー!」に直結するようだった。当然、悪い気はしない。
次回の尊敬する人の項目にはまこくん入っちゃうかなー、とか図に乗ってしまう。
ぺちぺちぺちぺちぺちぺちぺち。
「クックック、わたしも出たぞ」
 俺の隣でヤシロがクックックしている。まぁ、確かに出たし嘘はついていないのだが。
 こいつは宇宙服でなぜかそこらへんをうろついていたので、マスコットにそのまま採用された。で、番組の最中ずっとぐりんぐりんと身体を回していた。それだけである。
報酬は控え室に用意されていた菓子を全部貰うという、実にヤシロらしいものだった。
 ちなみにその菓子は帰り道を歩いている間にすべて平らげてしまった。
 そして帰り道で俺に『なんかお菓子買ってくれ』とねだる始末である。なにしに来たんだ。
 ぺちぺちぺちぺちぺちぺちぺち。
「………………………………………」
 いい加減無視もできないので一度振り向く。
「もふー」
 スマキンがいた。いつも通りだ。待ってみたが頭が出てこない。
「まこくーん」
「なにかなー?」
 呼ばれたので娘に向き直る。するとまた、ぺちぺち音がし始めた。
「つぎはいつでるのー?」
「つぎはー、まだ分かんないかな」
 娘のキラキラした目を見ていると、もうないんじゃないかなーとは言えないのであった。
「クックック、早めに言ってくれないとわたしもスケージュルの調整がある……」
 ヤシロがぼそぼそなにか言っている。取り敢えず、スケジュールな。
 ぺちぺちぺちぺちぺちぺちぺち。
 もう一度振り向く。
「……おい」
「もふー」
 布団の端を掴んで揺すってみる。む、今日はなかなか頭が出てこないな。ゆさゆさ。
 縦と横に交互に揺さぶると、ようやく頭が出てきた。弱々しく、上目遣いで俺を睨んでくる。
「さっきからその抗議めいた行動はなんだ」
 人の背中をぺちぺちと叩いて。まぁ大体分かってはいるのだが。
 エリオが口をへの字に曲げて俺を批判する。
「イトコよ、ひきょーなことはやめなさい」
「なにが卑怯か」
「ちょっと画面に映っただけで娘をまやかすとはなんたるかんたる」
「本音は?」
「スーパーうらやましー!」
 その正直なところは賞賛する。女々たん(50)が素直ないい子と絶賛するのも分かった。
「わたしもかっけーって言われたいー」
 じたばたと駄々っ子のように足を暴れさせる。そして娘の反応を窺う。娘は無垢な目で、ほけーっとエリオを見つめ返す。その芳しくない反応に気づいてか、エリオが見栄を張る。