WEB小説 入間人間のウェブ限定小説が読めます。

PAGE1



 ぼくは今年も当たり前のようにチョコレートを貰ったから、翌月にお返しをしなければいけなかった。彼女の家はすごくお金持ちで、貰ったそれと釣り合うお返しを用意するのは、ぼくのお小遣いだと厳しいものがある。でもなぁ、安いのはなぁとスーパーの棚の前でうろうろしながら悩んでいる最中だった。ホワイトデーの特集コーナーの周りにはぼくしかいない。
 みんな貰っても返したりしないのだろうか。棚には多様なクッキーが色とりどりに並んでいる。クッキーを返せばいいんだな、というのが分かりやすくていい。
 まだ背も低くて(これからぐんと伸びる予定)一番上の棚を覗くことができない。飛んで掴んで引っ張って大惨事になることを恐れて、大人しく下の棚だけを見ることにした。あの子はどこで買ったんだろう、駅の方のデパートかな。スーパーではないよな、と顔が険しくなる。
 結局、散々悩んでホワイトチョコレートのコーティングされたクッキーを買った。ホワイトデーだし、ホワイトだろうやっぱり。我ながらちょっと安直である。買える範囲で一番高いのを選んで、貯めていたお小遣いはほとんど消えた。そしてレジに持っていったら知り合いのおばさんがいてからかわれた。
「いつも一緒にいる子にあげるの?」
「うんそう」
 ぼくは大きく頷いて、あの子の名前を口にする。
 果たして一日に何回、その名前を呼ぶだろうか。
「まーちゃんにあげるんだ」
 本当にいつも一緒だから、一人で買い物に来るのも結構、苦労したのだ。
 知り合いのおばさんは、クッキーを特別丁寧にラッピングしてくれた。リボンが多分倍ぐらいになっていてふりふりで、なんだかうわぁとなってしまった。持つのが少し恥ずかしい。
 田舎は嫌だな。ほんと、どこ行っても知り合いばっかりだ。……なんて、町のせいにしてみるけど本当は違うのだろう。田舎町はぼくからすれば広大に思えて、行ける範囲は限られていて、だから、同じ顔にばかり出会す。ぼくの知っている世界は本当に狭い。
 遠く高く、そして大きな人が地球を覗けば、ぼくらの町なんて砂粒にも満たない。その砂粒の上も満足に歩けていないのが、今のぼくだ。でもそうした小さな世界で、まーちゃんと出会えたのは運命といっていいのかもしれなかった。
 外に出てから横断歩道の信号に早速引っかかる。いつもなら走って渡るところだけど、雑に扱ってクッキーが割れるのも嫌なので大人しく待つことにした。外は夕方も色濃くなり、同じように待っている大人から伸びた影がぼくを塗り潰す。見つめていると、影からざわめきが聞こえてくるようだった。肌寒さも忘れてしばらく見入った。
「お……」
 顔を上げると、向こう側の歩道に知っている顔が見えた。同じ学校に通うやつだ。向こうは気づいていないみたいだけど、待っていて暇なので少し観察してみる。遠い家の子供で、いつも暗い顔をしているやつだ。ランドセルは背負っていない。名前はなんだったか……外で見ても俯きがちで、表情に精彩がない。特に目玉が顕著で濁ってはいないけど、光ってもいない。平坦に映るその瞳は虫のそれを連想させた。
 その目に夕暮れの光を吸い込んで、吐き出そうとしない。
学校でも一度も話したことがない。話して面白そうじゃないし。
 きっと、これからも友達になるなんてことはないだろう。
 そうしていると側を通りかかった車から歌が聞こえてきて、「おっ」と反応する。知っている歌だった。ドラマの主題歌で、そのドラマは見たことないけど歌だけは結構聞く。
「そーらーとーきーみーの~ほにゃらら~」
 途中から歌が聞こえなくて歌詞も忘れたので、鼻歌でごまかした。
 そうこうして信号が変わり、ぼくは歩き出す。そいつもこっちへやってくる。
 横断歩道の中央で側をすれ違い、お互いに見向きもせず離れていく。
 その際、掠れた小さな声で、歌の続きが聞こえてきた。
 きーみーが笑ってくれるーならー、ぼくはー。
 聞こえたのはそこまでで、その後は大人の群れに紛れて消えていく。
 振り向きそうになったけど、大人の流れにどちらも呑まれて、反転は許されない。