WEB小説 入間人間のウェブ限定小説が読めます。

PAGE1



「女々たんとー、エリちゃんとー、マコくんはファミリーね」
「え」
 そうなの? といきなり話題を振られて思わず本を置く。
「だからファミレス許可証も貰えたので外に食べに行こうぜ!」
 女々さんが高笑い混じりにそれをひらひらとなびかせる。
 それは状況によっては焼肉許可証にも寿司屋許可証にもなるものだった。
 普通は紙幣という。
「もふ?」
 頭まで布団の中に引っ込んでいたエリオが話を聞いて出てくる。もぞもぞとモグラのように布団を掻き分けて、外にぼてっと落ちた。額を床につけて、ばさぁっと水色の髪が散らばる。
 うーん、布団から出てきたところをカットすれば実に神秘的である。
 広がった衝撃なのか、水色の粒子まで埃を吸い込むようにして舞い上がる。
「さぁ行くわよエリちゃんズ」
「え」
 俺までエリオなのか、といきなり認定が進みすぎて追いつけないまま、エリオを起こす。
 で。
「女々たんの汗と水と時間をぎゅーっと凝縮した結果、こんな立派なものになったのよ」
 近所のファミレスの席に案内されてからお札の端を持ちながらそんなことを言い出す。
 向かい側に女々さんが一人で座り、俺とエリオが並ぶ形だ。
 女々さん曰く、これが『あぁんファミリー!』らしい。意味分からん。
「例えがちょっと」
 ていうか、水ってなに。汗水なら偉大だけど、分離するといまいちありがたみが。
「ぺたんこ」
「ぎゃあ」
 首筋に張りつけてきた。ただのお札と分かっていても仰け反らざるを得ない。
 心なしか、お札に触れた部分が湿り気を帯びた気がした。
 しかしここ、ファミレスか? と今更ながら店内を見回す。メニューとして掲げられているのはサンマの塩焼きに、鶏と野菜の黒酢あんと来る。渋いファミレスもあったものだ。
「うーん、二人ともファミってるわよ、いい感じね」
 女々たんご満悦、とばかりに頭を振る。なんだ、ファミってるって。
 多分、ファミリーしているということなんだろう。
 そんな日本語はない。
 やがて注文した料理が届く。最初はエリオの頼んだうどんのセットだった。
「エリオさん一番乗り」
 なぜか俺に勝ち誇る。鎖鉄球でも振り回すような勢いつきで。
「いち」
「分かった分かった」
 立てた人差し指を鼻に押しつけてくる。払うと、エリオが得意げに箸を握る。
「イトコ、後でイトコのご飯と少し交換してあげよーか」
「んー、そだな」
「あ、わたしもわたちも」
 自己主張の強い四十歳が混ざろうとする。
「エリオと同じもの頼んだんですけど」
「やーん、じゃあ違うのにする」
 そう言いながら、女々さんの指の間に幾つもの調味料が握り込まれていた。
 どうやら注文を変えるのではなく、料理そのものを変えてしまうつもりらしい。
 うどんにソースとドレッシングを注ぎ込んだものと交換したくはない。
 そんなやり取りの間に女々さんの分も来て、エリオも食事を始める。
 エリオがうどんを掬おうとして俯くと、左右の髪がこぼれて邪魔をする。危うくつゆの中に飛び込みそうな髪を慌ててすくい上げて、エリオが改めてうどんを食べようとする。
 当然、特に対策もしていないのでまた落ちる。