WEB小説 入間人間のウェブ限定小説が読めます。

PAGE1



 大人になるなんてことの理解が曖昧なまま時だけが過ぎ、いつの間にやら娘までいる所帯を構えるようになっていた。いやまあ、住んでいる家は俺が建てたわけではないので所帯というのが適切な表現ではないかもしれないが……取りあえず、嫁もいるし子供もいる。あと妖怪と自称宇宙人も住み着いている。うむ、よく分からない。分かるのは娘の愛らしさだけだ。
 子供ちょうかわいい。かわいいなーと、見守る。
 今日みたいに休日だと、ずっと側にいて面倒見てしまう。
 くりくりした瞳がじーっと俺を見ていて、うーん、かわいい。それ以外の言葉が浮かばない。
 うちの娘は野菜や甘いもの、お菓子は率先して食べるが肉類は嫌がる。両親のどちらにも似ていないが、いっぱい食べて元気に活動しているのでまあ大丈夫かなと考えていた。
 野菜と果物ばかり食べているけどめっちゃ元気だった人もいたし。
 娘は現在、一歳と三ヶ月。多少よろめくこともあるが歩き回れるようになって行動範囲が広がる。つまり一層目が離せなくなる。今は少し遊び疲れてか、大きめのビーズクッションに埋もれて大人しくしていた。その娘の前に、廊下を通りかかったエリオが寄り道してくる。
「おかーさんですよー」
 パッと飛び出して笑顔と両手で花を咲かせる。娘は喜ぶように声をあげた。さすがにまだ喋ることはできない。だがこちらからの言葉はある程度理解できているようだ。
 エリオの目が左右に泳ぐ。そしてもっかいポーズ。
「かっこいーおかーさんですよー」
「うちの子に変なこと教えるのはやめなさい」
「変とはなんだー。たとえば将来、あのおかーさんかっこいいねーと友達に言われて、娘がえーそうかなーとか思っちゃって恥ずかしい感じにならないために、今の内に真贋を見極めさせないといけない。エリオさんはそう思うのだった」
「……そ、そうかな……」
「ん」
 自信満々に頷かれた。まぁ……娘のことを考えては、いるの、かな?
 娘が身体を起こして、エリオに向けて手を伸ばす。
 エリオは抱っこでもせがまれていると思ってか、嬉々として屈む。
「なにぎゃー」
 娘がエリオの前髪を掴んだ。引っ張って、じぃっと間近で見つめる。
 その瞳を覆う輝きは、母の髪の色と同一のものを宿していた。
「引っ張ってはいけません」
 だめー、と手のひらを突き出すと娘が真似するように手を出した。あらかわいい。
「きゅああああーかーわーゆーいー」
「え」
 頭の脇で女々たん(四十代後半)の声を聞いた気がしたが見当たらない。まあ幻聴か、声だけ送ってきたのだろう。それぐらいはできるので殊更驚かない。一度、人間の枠組みから外して意識するようになれば何事もへーそうなんだーと、心の表面を乾かせる程度の微風になるのだった。
 そして娘は言いつけを守るように、引っ張りこそしないが髪を握ったままである。側に来るエリオの髪の先端を、きらきらした目で眺めている。エリオは頭を傾けたままじっとしていたが、やがて助けを求めるように俺を見る。
「離してくれない」
「色が気に入ったんじゃないか」
 娘も同じ髪の色だけど。きっと成長したら、目の前の母親のようになるのだろう。
 ……んー。布団を巻く癖は真似しなくていいかな。
「おかーさんのかっこよさに痺れてるのかな」
「そっすねー」
 ぺたぺたと、別の足音が聞こえてきた。音は大人のそれよりずっと小さい。
「む」