WEB小説 入間人間のウェブ限定小説が読めます。

PAGE1



 その①

 生まれたことを祝えるというのは、幸いである。
 だって、生き物はいつか必ず死ぬ呪いにかかっているから。
 それでも生きていこうと思えるのは、とても素晴らしいことなのだ。
 みたいなことが、なにかに書いてあった。
 その日、朝だったか昼だったか……よく分からないけど、起きたら誕生日を祝われた。いつものようにちょいと猫風味のあだ名で彼女に呼ばれて、諸手を無邪気に上げたままお祝いされた。えー、誕生日だったの? と尋ねたらとぼけていると思われたらしく笑われてしまった。
 嫌なことをたくさん忘れてしまったように、ただ微笑ましく。
 ちょーかわいい。抱きつくというかタックルで胴を持っていかれて若干吐き気を催しながららぶらぶちゅっちゅとかした。したと思う。歯ががつがつ当たったのでらぶだった。
 外は雪が降っている気もするし、少し後に見たら梅雨時の雨が降っているようにも見えた。なにかが窓の外を動いているけれど、首を伸ばしてもどうにも判然としない。目の端も微睡むように緩慢に揺れていて、夢心地と言えばいいのか、それとも寝ぼけているのか。
 彼女がお祝いのケーキを用意して、差し出してくれた。以前に貰ったチョコレートみたいに粘ついてはいなかった。さすがに今作ったらしい。フォークを貰って、切り分けて口に運ぶ。
 甘い。と思う。でも苦いと思えば苦くなるし、固いと思えば石のように歯の間で留まる。不思議な味わいだった。
 おいしいと聞かれたのでおいしいと勿論答える。それはいいけど、ちょっと、量が多い。
 これ全部ぼくが食べるの?
 えへーとはにかんできた。
 えへーと答えるほかなかった。
 そんなわけで、すごく楽しかったし嬉しかった。
 誕生日を嬉しいと思ったことは、本当に、思い出にない。
 だからこんなに都合良くあるのはどうにも怪しくて。
 感情が真っ直ぐなことが、信じられなくて。
 夢かもしれないけれど、見えているものが現実か確かめる気も起きない。
 どっちでもいいのだ。
 心はどちらにも開かれているのだから。
 ただ、今起きていることを受け入れるだけだ。
 生まれたことを祝ってもらえるというのは、幸せである。
 いつか必ず死ぬという呪いと共に、生きていけるのだから。


 その②

 いつものように自転車をキコキコしていて、ふと気づく。
 そういえば、しまむらの誕生日っていつだっけ?
 なにか大きな忘れ物を思い出したように、その場で振り向いてしまう。もちろん帰り道、自分の家の近くにしまむらの姿はない。気づいてしまったけれど、どうしようと悩む。
 その場に止まって少し考える。
 そして足を下ろして、バッタのように飛び跳ねて自転車と一緒に向きを変える。
 明日に延ばすと夜眠れなくなることうけあいなので、今からお祝いに行くことにした。
 しまむらの家へ向かっている間に、日は半ば沈んで夜が目を覚ましていた。暗闇を吸い込んだ空気は冬を真似るように冷たい。冬が訪れようとしていた。
 しまむらは布団から出てきてくれるだろうか、とそれが今から心配だ。
 しまむら家に着く。窓から漏れる灯りに目が動く。眺めつつ、電話を取った。
「もしもし、しまむら?」
 呼び鈴があるのに、どうして電話をかけたのだろうと話ながら思った。