WEB小説 入間人間のウェブ限定小説が読めます。

PAGE1

 その1


「長い旅に出るぞ!」
 ある日、リュックを背負ったヤシロがいきなりそんなことを言い出した。
 休日に浸っていたので、反応が鈍くなる。ぼけーっと眺めていたら、「でるでるでーる」と目の前でステップを踏んでアピールしてきた。仕方なく相手する。
「はーそれはそれは」
「せんべつくれ」
 ささっと小さい手を差し出してくる。餞別ねぇ、ときょろきょろして貰い物のせんべいの箱を渡す。餞別にせんべい。せんべいつ。別に冗談ではない。
「うむ」
 背負っていた小さな鞄にせんべいの箱をごそごそしまう。
「では行くぞ」
「はいはい」
「おひるごはんできたよー」
 廊下に顔を出した娘が呼ぶ。「今行くよー」とにっこり答えてから、足を止めたヤシロを見た。
「行ってらっしゃい」
「食べてから行くか」
 鞄を下ろして、てってってとご機嫌に走っていった。
 ヤシロは今日も人の二倍くらい食べた。この小さな身体のどこに入っているのだろう。
「げぷ」
「ヤチー、はをみがきなさい」
 お姉さんぶる娘に連れられて、ヤシロが歯を磨く。こいつ用の歯ブラシまでなぜかあった。
 そんな二人と並んで歯を磨いていると娘が増えたみたいでぞっとしない。
 で、歯を磨いた後、リュックを背負うこともなく座り込んで、うつらうつらしている。
「うーむ、眠くなってきた……」
 ちょっと寝てから行こう、とこたつに潜ってしまう。そして夕方過ぎまで寝た。
 むく、と日が沈んでやや経ってからようやく起きる。目を擦りながら、のろのろ鞄を背負う。
「では行くか」
「イトコ、晩ご飯できたぞー」
「あいよー……おいそっちの」
 声を聞いたヤシロが背負いかけていた鞄を下ろす。
「食べてから行くか」
「……オチが読めてきた」
 もちろん夜も、人の三倍は食べた。食費以外は一切なにもかからないが、その食費がかかるやつである。変な生き物住まわせているよなぁと思うが、本当に嬉しそうに菓子やらなんやらを食べているのを見ると、追い出すのもなぁと思ってしまう。
 そんなやつが旅に出るとか言ってはいるのだが。
 腹いっぱいになって「うーむ」とかまた座り込んでいる。
「ヤチー、おふろにはいりなさい。あたまあらったげる」
「めんどい」
「ゆるさーぬ」
 娘がヤシロを引きずっていく。娘で持ち運べるって、体重いくつなのだろう。晩飯どこに消えた。
 で、風呂上がりのヤシロは暖まったせいか、乾ききっていない白銀の髪と共にうつらうつらしている。
「眠くなってきた……」
「やっぱり」
「旅は明日からにしよう」
 鞄もそのままに、二階の布団に走っていった。そして、やつは今日一歩も外に出ることなく寝た。