WEB小説 入間人間のウェブ限定小説が読めます。

PAGE1



「そろそろあっちゃんのあだ名も更新の時期かな」
 がたごと車両の中であっても、彼女の声は鮮明に届く。わたしの耳や心は常に、その声を聞き逃さないようにと一生懸命なのだろうと思った。それはさておき、なんの話だろう。
 あだ名って免許みたいに更新しないといけなかったのか。知らなかった。
「そもそもあっちゃんというあだ名自体が初耳ですが」
「あははは」
 彼女が爽やかに笑う。清涼。彼女から来るイメージは常にそこで固定される。それは夏の地下を移動する中でも、出所の分からない涼やかなものをわたしに与えてくるほどだった。
「摂津さんって呼ぶのもそろそろ味気ないかと。あ、名字をばかにしてるわけじゃないよ」
「うん。あだ名かぁ……」
「昔は友達になんて呼ばれてたの?」
「せっちゃんとか」
「そのままー」
 彼女が肩を揺すった。
「後は、アオ」
 今、ここには見えない色を口にする。
こっちもそのままだった。
 彼女が少し考えてから、安直な正解に辿り着く。
「青乃だからアオ」
「そう。青色好きだったのもあるけど」
「アオってなかなかいいね。私も呼んでいい?」
 彼女が気軽に提案してきた。視界を髪が覆うように、一瞬、暗いものが舞う。
「んー……」
 私の反応を見て、彼女が曖昧に、様子を窺うように笑った。
「あ、嫌だった?」
 頭を振る。
「嫌じゃないけど。でもその呼び方は、その友達にあげたものだから」
 しっかりと話もしないで別れたことからの罪悪感だろうか?
 そんなことを言ってしまう。でもあの子の怒った顔を思い出せば、すぐに分かる。
 他の人に呼ばせたらきっと、顔をしかめて嫌がるだろう。
「むぅ」
 彼女は面白くなさそうだった。露骨だった。唇と目の端が尖っていた。なかなかかわいい。
「あ、やきもち?」
「そうだって言ったらなにしてくれる?」
「肩揉みましょうか」
「考えとく。さてと、せっちゃんとアオ以外か。ちょっと難度高いな」
「あっちゃんは?」
「却下。あ、そうだ。そっちも私のあだ名考えて」
 なかよしなかよしー、と彼女が冗談めかして肘で突っついてくる。そうだなぁと少し悩む。
「清涼さん」
「なんですかそれ」
「そんなイメージなので」
 すっきりして、ひんやりして。でもその温度が私には心地よくて。
 いつだって、いつまでも、触れていたい。
「摂津さんもそういうイメージだよ」
「そうかな」
 人には、いつも必死に駆け巡ってるってよく言われた。あまり爽やかには思えない。
「おっと。摂津さん(暫定)もそういうイメージだよ」
「なんで言い直したの……」
「電車が着くまでにあだ名が決まるからです。むむむ」