WEB小説 入間人間のウェブ限定小説が読めます。

PAGE2

「雪だるまでも作りに行きませんか?」

















 たくさんの、間があった。


「今度は、綺麗な雪だるまが作れそうね」


 私は父様に似ていると誰かに言われたことがある。
 そのせいだろうか。
 上手い泣き方も知らないのだった。


 2066年、生まれて多くの時が流れて、夜が見えて。
 もしもそこまで起きていられたら。
 その夜はもうすぐ、明けるのかもしれない。