WEB小説 入間人間のウェブ限定小説が読めます。

PAGE1

「まこくんたすけてー」
 まるで切羽詰まっていない救援が聞こえて、なになにとそちらを向く。娘とヤシロが走ってくる。娘は楽しそうで、ヤシロはよく分からないけど騒いでいる感じだ。娘のちょこまか動く足もとが実にかわいらしい。で、追ってくるのは布団を巻いたエリオだった。こっちもすててて、と決して短くはないはずの足なのに細かく動いている印象だった。コロネみたいな外見のやつが走ってくる様は実にシュールである。
「まてーぃ」
「きゃー」
 娘が回り込んで俺を壁にするように隠れる。ヤシロは途中で飽きたのか走るのをやめてずでっと寝転ぶ。床に潰れたほっぺたがむにゅっと盛り上がっていて柔らかそうだ。放っておくとそのまま寝かねない。ヤシロは本当にどこでも眠る。
 娘が以前、猫みたいと言っていたがそのものだった。
 それはさておき、お怒りのエリオさんが俺たちの前にそびえ立つ。
「イトコもちゃんと叱りなさい」
「んー、うん」
 ぷんぷん、と音が聞こえそうなエリオは見た目のせいかまったく迫力がない。
 そのエリオはさておいて、後ろに隠れる娘に聞いてみる。
「なにしたの?」
「ころがしたの」

 娘とヤシロがてってこと走っている。そして、居間に転がるエリオを発見する。
『もふー』
『えりちゃんだー』
『わー』
『もふ?』
『ころがせー』
『わー』
『わー』
 ころころころころ。二人で並んで転がす。壁際まで来たところでエリオの頭が出てくる。
『こらー』
『きゃー、えりちゃんがたったー』

 ということがあったらしい。聞いても反応は「はぁ」くらいしか出てこない。
 平和だなぁと思った。
「おかーさんを転がすとは何事ですか」
 なにごとなんだろう、と首を捻りそうになる。ほら叱って叱って、とエリオが足でつんつく押して催促してくる。どうすりゃいいの、と思いつつまぁ一応、要求に応えた。
「えっと、そのへんに寝転がっているお母さんを転がしては、いけないよ?」
「なんでー?」
「うーん……なんでかな」
そんな注意したこともないしされたこともない。お父さんにも分からないことくらいあるのだった。
「「なんで?」」
 娘と揃ってエリオに尋ねてみる。
「わからんのかー」
 座ってからじゃきんと両腕が出てきて、ぺちぺちとこっちの肩を叩いてくる。娘もちゃっかり人の背中を一緒にぺたぺたしてくる。
 しばらく親子の楽器になっていた。
「こっそりそり」
 この隙に台所へ向かおうとする、頭の白いやつの首根っこを掴みながら、しかしよく転がせたものだなと思う。いくらスマキンが丸みを帯びていても重さがある。娘の力で押して動かせるものだろうか。それとも一緒に転がしたヤシロが秘密パワーでも用いたのか。
 宇宙の秘密が凄い勢いで無駄遣いされた気がしないでもない。
 そのヤシロがじたばたと落ち着かなくて視覚的にすごく騒がしいので、頭の上に載せてみた。
「む?」
 人の頭の上で座り込んでくる。動物園で、岩に陣取る小猿と目が合ったときを思い出した。
「あ、やちーいいなー」
 娘が羨望の眼差しで見上げてくる。羨ましいかな、と思うけど娘は高い場所が好きだった。
 高い場所を求めていつか、もっともっと飛翔していくのかもしれない。
 母がかつて夢見た宇宙に、もしかしたら。
 ……それはともかく。
 ヤシロが怖いのは頭の上に乗っていても特に重さを感じないことだ。
 宇宙の秘密が凄い勢いで以下略。
 壮大な無駄遣いの中、じーっと正面でエリオが見つめている。
「分かった?」
「わかんない」
 素直に答えたらぺちぺちが再開した。娘も合わせてぺたぺたしてくる。
「へいわだな」
 小猿が頭の上で呟く。まるで人の頭の中を読み取ったように。
 得体の知れないただ飯喰らいの感想に、そうだけどさと同意する。
 概ね賑やかで楽しくて、まぁいいかって、なった。