WEB小説 入間人間のウェブ限定小説が読めます。

PAGE1



 冬はこたつに潜り込んで出てこないし、夏は扇風機の前で潰れている。
 今日もぐ○たまみたいに頬の潰れたヤシロが居間に転がっていた。パンダのパジャマはいつも通りで、近づくとフードの奥で、深い青色の瞳が動いた。
「マコトか」
 目は開けたがぐでーっとしたままである。扇風機の風を独り占めして、よく見るとパンダパジャマの端は揺れているが、髪はまったく動いていない。端さえまるでだ。髪の毛が重いのか? ……そんなバカな。
「小さいのはどうした?」
「エリちゃんの買い物についてったよ」
 俺も寝ながら夢現に聞いていただけだが。
「ナ ニ ー」
 ヤシロが身を起こす。居間の入り口を見てから、がくりと倒れた。
「お菓子が……」
「ほれ、飴」
 ガラス瓶に詰め込んである飴玉を一つ差し出すと、ひゃほーと飛びついてくる。
「しかし危機感というか、防犯意識というか……」
 俺も寝てはいたが、こいつを一人でほっぽって出かけるのはいいのか。まぁ、なんだかんだ十年くらい居座っていて居候ともまた違う存在ではあるのだけど。海産物一家でいうタマのポジションあたりか。タラオ君では間違ってもない。
「ぐにょー」
 飴を貰って満足したヤシロが溶ける。そんなだらけきったやつの向こうには、蒼天。植木鉢から伸びた植物が時折、弾むように揺れる。その動く様に、緑色の夏風を見るようだ。
 この夏をあと何度眺められるのかなぁ、と時々思う。
 どんなに多くても百回行かないんだ。凄いな、と変な感想を持つ。
 そんな庭を眺めながら、傍らのヤシロを見る。
「しかしお前は、あれだな」
「む?」
「本当、なんにもしないな」
 出会った当初は色々と熱いことも言っていた気がするが、最近はすっかり堕落した感がある。
「クックック」
 勝ち誇られた。いや、タダ飯喰らいは確かにちょっと羨ましいけど。
「む?」
 ヤシロがまた起き上がる。潰れていた頬を手で押し上げるように直した後、てってってと走り出す。なんだ、と追いかける。玄関の方に向かっているので、エリオたちが帰ってきたのだろうか。
「ごめんくださいなー」
「あら?」
 声は、背丈の低さを感じさせた。
 玄関に立っていたのは、黄色いリュックを背負った小さな子供だった。
 そこまではさして不思議でもない。が、その髪と瞳の色に驚く。
 蝶のように後ろで結んだ長い髪とその目は、とても見覚えのある水色の輝きだった。
 あと、ライオンパジャマだった。フードのライオンの口が、頭に噛みついている。
「チャイムを押そうとしたのですが、背が足りませんでした」
「さ、さようで」
 ニコニコしている。人当たりの良さそうな笑顔で、あれ、となった。
 チャイムは当たり前だが外にあるし、玄関だって鍵くらいはある。
 どうやって入ったんだ。鍵かけ忘れてたのかな、と確かめてみる。
 ちゃんとかかっていた。
「……えぇと」
「あ、ちょっとお待ちください」
 こちらに断りを入れてから、パンダの方に近寄る。子パンダと子ライオンが間近で見つめ合う。娘が動物園に行きたがっているのを思いだした。動物園よりもこの家の方が稀少なものを見られる気がするのだけどそれではだめだろうか。
「うーむ」
「むぅ」
 ぺたぺたぺたぺたと叩き合う。
 ぐるぐるぐるぐるとお互いの背を追いかけて走り回る。なにこれ、と冷ややかに見守る。
「ドーホー、だな」
「ですな」
 納得したのか、二人が離れる。どーほー、同胞か。前もそんなこと言っていた気がするな。
「そんな顔になっていましたか」
「そっちこそ。少し見覚えがあるぞ」
 どういう会話だ、と関係性を図りかねる。
 ただ見覚えは、俺にもあった。
「ドーホーねぇ……」
 ヤシロの親類……姉妹? なのかもしれないけど、その顔つきと髪の色はむしろ、エリオに似ている。いや似ているどころか髪型以外はそっくりそのままだ。つまり娘と瓜二つなのだけど、やはり細部は異なる。小さいエリオとしか言えなかった。
「遂に見つけましたぞ」
「ドーホーよ、なにをしに来た」