WEB小説 入間人間のウェブ限定小説が読めます。

PAGE1



 田んぼ沿いの、舗装もされていない細い道を二人で歩いていた。
 吹く風の冷たさと、澄み渡る空が冬であることを知らせる。細かく、鱗を装うような雲が広がっていた。田んぼは冬枯れを迎えたように作物が見当たらなく、地面は荒れて、視界を遮るものは少ない。大きな鉄塔と、そこから伸びる電線が頭上を走り回っていた。
 足を前に動かしながら、えぇっと、と横を見る。
 隣の女の子は黄色いゴムボールを抱えるようにしている。
 長い髪が動きに合わせて、ゆらゆらしていた。
 ……ああ、そうだった。小さい頃の、わたしのたった一人の友達だ。
 この景色は本当に体験したものだっただろうか?
 不確かな足もとが固まるにつれて、心が幼く後退していく。
 スッと、首の後ろになにかが入り込んだように。目線の高さに慣れて、鮮明になる。
「クリスマスって、なにかぶわーっとしたことする?」
 女の子がボールを両手で振り回しながら、わたしに聞いてくる。
「ぶわぁ?」
「ごいすーなこと」
 余計分からなくなる。取りあえず、クリスマスになにかするかって聞いているみたいだ。
「うちはね、ケーキたべる」
「それくらいうちだってしますー」
 いぇいぇい、とあまりやる気なさそうに女の子が勝ち誇る。女の子は表情や仕草、喋り方、どれを取ってもふわふわしていた。他の子や大人と違って、ゆるい。触ったらその部分がすかっとして、雲を手に取るように錯覚するような……なんていうか、テレビ画面みたいだった。
 とても近くにいるのに、なにかを挟んで見ているようで。
 わたしはそんな女の子の雰囲気が気になって仕方ない。
 だから追いつけもしないのに、いつも隣にいようとした。
「ほかにはー?」
「からあげたべるよ」
「なんで?」
「クリスマスっていったらとりじゃん」
 わたしが言うと、女の子は、え、そうなのみたいに目を丸くする。女の子は町も歩かなければ、テレビCMも見ないのだろうか。
「じゃあなにたべるの?」
「やきそば」
「……なんで?」
 二人して首を右に左に傾げる。
「あれ、ことしはカレーだったかな」
「あー、うん。そうなの」
 女の子と一緒で、お家も変わっているみたいだった。
 首を傾げるのを止めて、また歩き出す。
「ケーキたべたいなー」
 ぼーっと前を見つめながら、女の子が呟く。ケーキの話をしたからだろう。
 単純だった。
「クリームをくちのおくでぎゅーっとすると、あまくてたのしいよね」
「よくわかんない……」
「あれー?」
「うちにおっきいのあるよ。たべにくる?」
「いいねぇ」
 女の子がゆるゆると笑う。声に少し遅れて、付け足すように目を細める。
 いつものその笑い方が、わたしは好きだった。
 女の子とクリスマスを過ごせたら、きっと、とても楽しいだろう。
 心は弾んで、冬の風がまとわりついても震えることはなくなる。
 夢は花開こうとしていた。
 でも、すべて上手くはいかない。
「うー」
 女の子が首を縮めるようにして唸る。あ、と思ったときには隣から消えていた。
 一歩目は力強く。
 そこからは軽快に、土を蹴る。
 あっという間に、わたしの追いつけない速さで離れていく。
 ボールを放り出して、腕を思い切り振って。
 女の子はまた、わたしを置いて走り出してしまう。
 いつだって、そうだった。
 首が上に引き上げられるような焦りがわたしを追い立てる。
「まってよ、」
 追いかけようとする前に、目の両端が急速に真っ白になっていった。
 

「そろそろ機嫌直したら?」