WEB小説 入間人間のウェブ限定小説が読めます。

PAGE1



 夜中の帰り道というのは、肩になにかが載っている気がする。
 重いとかじゃなくて、渦巻くような感覚があって背中がざわつく。
 その荷を下ろしたくて、つい早足になるのかもしれない。
 夜更けに微かな灯りをこぼす我が家の戸を開ける。
 虫が光に群がるのも分かるなぁと吸い寄せられた。
「あ、おかえりだー」
「んむ」
 のたのたぺったぺったと、二つの足音が出迎える。
「あれぇ? うん、ただいま」
 娘たちだった。正確には娘とヤシロだ。
 挨拶しながら、棚の上の置き時計で時刻を確かめる。十時を少し回っていた。
「こんな遅くまで起きてていいの? エリちゃんは?」
 ふわふわした頭を撫でつつ聞いてみる。娘は手の向こうで、にこーっとしている。
 その白く小さな歯を見ていると、肩に載っていたなにかが離れていくように思えた。
「えりちゃんはね、ねちゃった」
 しーよしー、と人差し指を口の前に添えた娘に連れられて、寝室を覗く。
 照明を落とした室内で、右側の布団がほんのりと水色に輝いている。
「あらら」
 起こさないよう、慎重に戸を閉じる。
「えりちゃんね、いっしょにおふとんはいったらさきにねちゃったの」
まぁよくあることではある、エリオまで布団に入らなくてもいいのに。
「ねないとだめよーっていってたからね、えりちゃんねたの。いいこだね」
「ははは」
「にゅるにゅるにゅる」
 足もとからなにか聞こえるが無視する。居間の方へ逃げようとしたけど、絡まれた。
「ねぇねぇん」
「這いずらないで」
 にゅるっと女々たん(50)が盛り上がった。目を気味悪く潤ませている。
「どぅして女々たんはって聞いちぇくれないの?」
「呼ぶと出てきますから……」
 実際こうなったわけで。「めめたんだー」と両手を上げて喜ぶのは娘だけだ。
「女々たんね、近頃お布団入ってもなかなか寝られないの」
「歳ですかねごべ」
 首筋を正確に摘んで発言を塞いできた。それから何事もないように孫娘を抱っこする。
「こっちは眠そうだな」
 玄関から後ろにくっついてきているヤシロは、ずっと目を閉じきっている。……寝てる?
「ねむ」
「目と口を閉じたまま発声するな」
「では寝るぞ」
 ヤシロが階段をのそのそ上がっていく。四肢が縦に回るように動いていて不自然なんてものではない。眠気に負けて、自分がどんな形の生き物か忘れているらしい。
 とんでもないのが二階に住み着いているものだった。
 でも娘に付き合って待っていたのなら、割といいやつなのかもしれない。
「おやすみー」
 娘が無邪気に手を振る。こっちはまだまだ寝そうにもない。
「寝ないと明日、エリちゃんに怒られるよー?」
 エリちゃん怒ってもあまり怖くないけど。ビジュアルと声がなぁ。
「まぁまぁいいじゃない、明日土曜日だし」
 女々たん(50)がすぐ擁護に回る。娘にも孫にも特上甘い。
「いーじゃない」
 そして娘がすぐ真似する。夜更かしよりこっちの方がよっぽど問題に思えた。
「女々たんの真似はしなくていいのよ」
「なじぇ?」
「なじぇじぇ?」
 言ってるそばからこれである。抱っこされたままの娘が「あっちこっち」と居間の方を指す。
 なにかあるのかな、と着替える前に寄ってみた。
 居間は点けっぱなしのテレビ画面が少し賑わしい。一瞥すると、隕石の価値についての番組だった。俺の研究分野と少しだけ近い。でも娘が見せたいのはそれではなかった。
 するすると女々たん(50)の腕から下りた娘が、机の上に置いたそれを掲げる。
「おお?」
 パッと見ると、娘のお絵かきのようだった。大ざっぱに塗った壁の色が良い味出している。
「まこくんたちをかいちゃいました」
「ほほーぅ」
「みたいかな?」
 背中側に隠して焦らされる。これを見せたいから起きて待っていたらしい。
 かわいいなぁ、と頬が緩むのを感じる。
「見せて見せて」
「しょうがないなー」
 くくくー、と得意げに画用紙を差し出してくる。