WEB小説 入間人間のウェブ限定小説が読めます。

PAGE1



「友達への贈り物、ねぇ」
 いつものように呼んでもいないのにやってきた殺し屋にも少しは役に立ってもらおうと連れてきて、店先を巡っているところだった。待ち合わせまではまだ時間があった。
「友人へのプレゼントなんて選ぶ機会もこれまでそうなくてね」
「友達少ないのぉ?」
 裏声で女子気取りに煽ってくる。しかも快活な笑顔つきだ。腹の立たない要素がない。
 まぁ実際、知り合いは多いが友人は少ない。何故だろうと考えると、ぼくに原因があるような気がしないでもない。ないでもないくらいなので、ないかも……と時々揺らぐ。
 ちょっと熱く語っただけでみんな離れていくのだ。みんな斜に構えすぎて情熱を持ち寄ることを忘れていないだろうか。そうした世界に警鐘を鳴らすべく、ぼくはぼくでありたい。
「なに頭おかしいこと言ってんの?」
「いいから意見や品の一つでも見繕えよ」
 さっきからただの散歩になっている。ぶらぶらしている。もちろんこんな青い男と世間様を歩いていても楽しいはずがない。その木曽川は「んーそうねぇ」といい加減に周囲を見回すだけだ。帽子のツバが前に垂れていて視界が確保できているかも怪しい。
「ぼくだって女性に渡すと喜ぶものは分かるんだけどね」
「ほう」
 言ってみ、と木曽川が促す。
「お菓子は大体喜ばれるね」
「甘いものは僕も大好き」
 聞いてない。
「あと、ぬいぐるみは女の子次第だったな。意外なんだけどね」
「あぁ、きみの女性ってそういうのか。そういうのだった」
 ははん、と木曽川が帽子を押さえながら暗く笑う。それから、帽子の向こうで目が動く。
「友人と言ってもねぇ。どんな贈り物なのかも分からんしなぁ」
「就職祝い……みたいなものかな」
「ほーん就職」
 木曽川が考えるそぶりを見せる。今までなにも分からないで歩いていただけか、やっぱり。
「じゃトンファーだな」
「誰が修学旅行の土産について話せと言った」
「いや僕の喜ぶものを考えてそうなったんだけど。友達代表の気分でね」
「オマエトモダチチガウ」
「どっちかっていうとマイフレンドだよね」
「英語にしただけじゃねえか」
 どっちもこっちもない。
「いや英語の方がそれっぽくない? ほら魔女とか呼ばれてるしさ僕」
「呼ばれてるの?」
 たまにね、と木曽川がご機嫌に帽子のツバの位置を直す。
「つうかさ、こういう帽子のステレオな魔女って日本にもいるの?」
「ぼくの知ってる魔女はねるねるねるねをかき混ぜてたよ」
 結局、ろくに役に立たない賑やかしは放っておいて、ぼくなりに考えて選ぶ羽目になった。
「渋いチョイスだな」
「まぁ、大人びた……というか、ぼくにとってはもう大人だからね」
 相応の品と態度で接しなければいけないのだ。
 支払いを済ませてから振り返ると、木曽川が帽子のツバを軽く押し上げてぼくを見つめている。
「なんだよ」
「きみはしかしあんま変わんないな」
「そうか? そっちも大概だと思うけど」
 ファッションセンスとか。ずっと同じ帽子らしく、てっぺんのとんがりもとうにくたびれている。洗っても取り切れないであろう汚れも残り、中身のなくなった豆の皮みたいだ。
 見るとツバの端もほつれて穴が一つできあがっている。その穴に木曽川が指を突っ込む。
「見て見て、くるっと回せるようになった」
「だからなんだ」
「んじゃね」
 人の疑問などまるっきり無視して木曽川が去っていく。最後まで何の役にも立たなかった。
 立ったことあっただろうか。大体、迷惑事持ってくるだけだし。
「あんなのともう十年も付き合いがあるのか……」
 本人は出会った頃、三年くらいで死ぬから大事にしてくれとか寝言みたいなことを言っていたがなんのことはなく、しぶとく生き続けているではないか。ぼくは詐欺に遭った。
 一方、ぼくの方も望まないトラブルにしょっちゅう巻き込まれながらなんとか五体満足で今の時間を過ごしている。地下を冒険させられたり拳銃探したり彼女のお義父さんに話をつけにいったりとまぁ色々あったのだけど、それが今、緩い風を感じるこの時に繋がっていると振り返れば思わず、遠くに目をやってしまう。
 そうして、少しぼぅっとしてから。
 さて、そろそろ彼女に会いに行こうと歩き出す。
 昔をなぞるように、ぼくの動きは変わらなかった。


 彼女は先に奥の席に着いて、テーブルを賑やかにしていた。