作品紹介 入間人間の作品を紹介します。

トカゲの王 (Ⅰ) ―SDC、覚醒―

イラスト / ブリキ

定価 (本体550円+税)
発売日 2011年07月10日

俺の力は単なるインチキ。だからこそ、俺はこの『能力』で世界を塗り替えてみせる。

俺はこんな所で終わる人間じゃない。その他大勢が強いられる『普通の人生』から逸脱した、選ばれし者なんだ。 俺に与えられた能力『リペイント』は、インチキめいたまがい物。でも、俺には世界を“塗り替える”資格がある。このインチキこそ、俺の力なんだ。 どこまでもなにもかも騙し抜く。まず手始めに、俺自身も騙す。そして、目の前に立ちはだかる不気味な殺し屋どもから必ず逃げ延びてやる。 だって、俺は。『最強』なんだから。

トカゲの王Ⅱ ―復讐のパーソナリティ<上>―

イラスト / ブリキ

定価 (本体550円+税)
発売日 2012年01月10日

ヒキコモリから復活し、そして世界を 塗り替えるべく、俺は白と黒のゲームに挑む。

 世界を塗り替えるはずだった俺の野望は、右目と共に消失した。
 あの日、ビルの最上階で『神様』の少女に勝負を挑んで、そしてあっさり負けた。もう二週間ほど前の話だ。
 そして俺は──ヒキコモリになった。
 ん? 世界を支配? できるわけねーだろそんなの。あんな殺し屋どもに、なんで太刀打ちできるんだ。中二なめんな。
 だけど明確に分かったことがある。敵はあの『神様』だ。いつか、この左目──『リペイント』を、『神様を倒す能力』にしてみせる。
 ……そしてもう一つ気づいたことがあった。この力は戦うことに向いていない。
 だから、俺はもう戦わない。
 そうして自室でこっそり復活を目論む俺だったが、なぜか目の前にエロい巣鴨とエロいDVDが!? 
 意外な展開が待ち受ける学園異能第二弾! 

トカゲの王 III ―復讐のパーソナリティ<下>―

イラスト / ブリキ

定価 (本体550円+税)
発売日 2012年06月10日

入間人間×ブリキが描く、禁断の異能力バトル!

 生きている間に関わることなど無いはずのカルトな闇社会。その『会場』から、俺はどうにか逃げ出すことができた。しかし、俺の受難はまだ続く。再び監禁され、今度は謎の金髪少女と共に脱出経路を探る羽目に。相変わらず俺の能力『リペイント』は全く役に立ちやしねぇ。
 そんな俺の知らぬ間に、最強の能力者カワセミは巣鴨とコンビを組み、美人殺し屋のナメクジは鹿川成美と行動を共にする。白ヤギまで動きだし、復讐というパーソナリティは、螺旋を描いて中心点へと落ちていく。この中で、生き残るのは誰か。それはもちろん、俺――であって欲しい。
 俺の願いを巻き込んだその渦が行き着いた先は、俺や巣鴨が通う学校の文化祭会場だった。カルトな闇社会を牛耳る教祖による『儀式』が開かれる場所。
 教祖様を『神』とあがめ奉る空間で、俺は、一生忘れられない経験をする。
『神』すら騙し、『王』となる。その第一歩を踏み出した。

トカゲの王IV —インビジブル・ライト—

イラスト / ブリキ

定価 (本体510円+税)
発売日 2012年11月10日

この世界の『王』となるため、少年は偽りの衣をまとい世界を欺むこうとする。そして、復讐鬼の少女は、最強の敵に遭遇し……。

 偽りの力で偽りの『王』を演じた五十川石竜子。彼は、カルト宗教教祖の少女・シラサギを打倒するため、同じくカルト宗教団体である『ニュートラル友の会』制覇に乗り出した。新教祖を名乗り、布教に励むトカゲ。その彼の前に、復讐対象であるシラサギがやってくる。その目的は、トカゲとのデート!? 一方、もう一人の復讐者・殺し屋ナメクジは猪狩友梨乃との奇妙な付き合いを続けていた。そこに『最強の殺し屋』の一人、ミミズが襲来する。強大な超能力を駆使してナメクジを追い詰めるミミズ。逃げるナメクジのその先には、デート中の少年少女がいて……。 



トカゲの王Ⅴ─だれか正しいと言ってくれ─

イラスト / ブリキ

定価 (本体550円+税)
発売日 2013年7月10日

入間人間×ブリキが贈る、異能力バトル! 激戦をくぐり抜けた勝者は――?

 カルト集団のトップを狙う五十川石竜子は、読心能力を持つ猪狩友梨乃と初デートに挑む。  『見えざる右手』を得たナメクジは、再び殺し合いの世界に身を投じる。その最初の相手は、クモと呼ばれる能力者だった。
 なにかを企むシラサギは、『会話』を失い、そして読心能力を得た鹿川成実と接触をはかる。  そんな四人に加えカワセミと巣鴨涼も巻き込んで、トカゲが目指す『王』への道は、光と闇を抱えて広がっていく――。



トカゲの王