作品紹介 入間人間の作品を紹介します。

しゅうまつがやってくる!―ラララ終末論。Ⅰ―


原案/sasakure.UK
イラスト/usi

定価 (本体1,000円+税)
発売日 2015年12月18日

入間人間×sasakure.UK
奇才二人による奇跡のコラボが実現!

愛のうた、ひとついかがですか――

文崎 双葉(あやさき ふたば)は普通の恋をしていた。
相手は通学の途中、5分だけ一緒に過ごす男の子。
だが、あるメールをきっかけに日常は一変する。
『コンニチハ、☆のひと! きみたちにステキな“しゅうまつ”がおとずれますように』

小説『終末シリーズ』公式サイトはこちら

終末シリーズとは……
385万再生の超人気曲『*ハロー、プラネット。』を筆頭に、『ワンダーラスト』、『ぼくらの16bit戦争』、『しゅうまつがやってくる!』の4曲を中心とした、sasakure.UKによる楽曲シリーズ。ポップでキャッチーな曲調と、深く重い歌詞の世界観の対比が大きな話題を呼び、今なお再生数を大きく伸ばし続けている。

ぼくらの16bit戦争―ラララ終末論。Ⅱ―


原案/sasakure.UK
イラスト/usi

定価 (本体1,200円+税)
発売日 2016年10月27日

本日より“16bit”を所持している者を厳正に処分します――

機械が一斉に暴走し、世界が終わるはずだった夜……。
奇跡的に滅亡を回避した人類だったが、
今度は人間同士の戦争で一歩ずつ滅びの道を進んでいた。
そんな中“16bit”と呼ばれる特殊な能力を武器に戦うアルトたちに、
この星の運命を託すようなメッセージが届き……?

小説『終末シリーズ』公式サイトはこちら

『ぼくらの16bit戦争』とは……
2009年7月12日にsaskure.UKが発表したボーカロイド楽曲。本人によって「デジタルシンセロックフュージョン」と銘打たれたこの曲は、驚異的な中毒性をもったメロディとハードな世界観を描いた歌詞が融合し、250万再生を超える人気曲となった。発表直後から歌詞の考察などが盛んに行われ続けている。

「終末」シリーズ